結衣子は今日のことだけ考える!

悩みがちな28歳共働きOLが日常生活について、仕事についてなど日々の考えたことを綴る雑記ブログです。

20代後半でしか得られない感情とは?負の感情も貴重な経験

f:id:yuikox:20180629205653j:plain

「あなたの歳でしか得られない経験や感情があると思います。若い作家さんはぜひいろんなことを経験して小説に生かしてください(引用)」

これは、中村アン主演でドラマ化した「ラブリラン(講談社)」の著者、天沢アキの新作「くちうつす(講談社)」で女性編集長が小説家の主人公に送るアドバイスです。

このセリフを読んだ時ふと、今の私しか得られない感情って何だろう?と気になりました。

そしてふと思いついたのは、負の感情ばかり。笑

でも、この感情は今しか得られないかもしれないんだ、と思うと、負の感情を抱くことさえ人生の貴重なひと時のように感じられました。

20代後半でしか得られない感情にはどんなものがあるのか考えてみました。

 

 

自分老いを受け入れがたい気持ち

19歳から20歳になる時は子供から大人への変遷であり、責任を負う変わりに自由を得るような可能性の広がりを感じました。しかし、29歳から30歳になるとなると、素直に喜べない人もいるのではないでしょうか。

20代から30代へ変わるにあたり、当たり前にできていたことができなくなったと感じる場面も出てきます。

たとえば

  • 徹夜ができなくなった
  • 疲れやすくなった
  • 肌のシミやシワが気になり始めてきた
  • 太りやすくなった(痩せにくくなった)

など。

30代になることで手に入ることもいっぱいありますが、20代の時当たり前のように持っていて、なくしてしまうものはもう元には戻らないんですよね。

今後、39歳から40歳、49歳から50歳と変わっていきますが、29歳から30歳への変わり目に抱く感情は他の年代とは違う、特殊なものだと思います。

 

【関連記事】
❖ 私にとって「年をとる」ということ

 

無意識に自分と周囲を比較して焦る気持ち

この感情は20代に限らないのかもしれませんが、特に20代後半は自分と周囲を比較して悩むことが多い時期だと聞いたことがあります。

例にもれず、私自身も周囲と比べて落ち込んでしまう時があります。笑

学生の頃はそれほど気にならなかったのに、社会に出てから急に気になるようになるのは、学校という枠から出てしまうと、他人と比較するうえでのはっきりとした尺度がないからでしょう。

学生時代は内申点、テストの点数、50m走のタイムなど、優劣の評価の尺度が明確でした。

そして、上を目指したいと思った時の努力の仕方も、比較的単純でした。(実際に努力がむくわれるかどうかは人それぞれですが)

学生生活は、学業にしてもスポーツにしても順位付けが避けられません。上の順位に行きたいと意識すると、他人と自分を比較し、自分の強みは何か? 足りない部分は何か? と、分析することが求められます。

そして比較癖がついたまま社会に出ると、答えのない問題を考え続けることになります。

比較するのはあくまで仕事内に収められればいいのですが、私のようにプライベートまで比較し始めるともう大変。

幸せって何? と、幸せの尺度を求めてもよく分かりません。

  • 仕事で地位や名誉を手に入れたら幸せなのか?
  • 欲しいものが買えるだけのお金があれば幸せなのか?
  • 誰からも誇れる男性と結婚できたら幸せなのか?
  • そもそも「誰からも誇れる」ってどんな人?

価値観が異なると答えも変わってくるので、比較のしようがないのです。

まだまだ無意識のうちに周囲と比較してしまう私がいるのですが、数年前と比べると随分楽になってきました。

 

【関連記事】
❖ 女友達のことが羨ましすぎてたまらない時の対処法

 

将来のライフプランを考え不安に思う気持ち

この仕事で本当にいいのか? 転職するんだったら20代のうちにすべきじゃないか? と不安に思う方は多いのではないでしょうか。

1社目で転職しようか迷っていた時、一緒に仕事をしていた同じ部署の女性の先輩に相談したことがあります。

その先輩は「私も20代の頃はこの仕事が嫌で、毎日辞めたいと思っていたけど、30歳を過ぎたらクビにならない限りこの仕事でやっていこうと思えるようになった。仕事自体はいまも嫌だけど」と笑って教えてくださりました。

この先輩の言葉を聞いて「そうか、30代まで耐えてみよう」と思えなかった私は転職を選んだわけですが、先輩が私にくださった言葉は印象的でいまでも記憶に残っています。

20代と言うのは、他の年代より可能性が多いような予感を感じさせ、新しいことを始めるのなら今なんじゃないか、と背中を押されるような気持ちを得やすいのではないでしょうか。

 

【関連記事】
❖ 20代で転職すべきか悩んでいる女性に伝えたいこと

 

今の自分にしか得られない感情にどっぷりはまってみる

鬱鬱鬱…と思っていた感情も、「私のいまの年齢特有のものなのかもしれない」と思うと、負の感情と向き合う勇気が湧いてきます。

あなたがもし、いま何か悩みを感じていて、自分の感情に戸惑っているとしたら…自分の感情に戸惑うのは、あなたがその感情を抱くのが初めてだからです。

自分の感情と向き合うことで、目をふせて逃げようとしていた時より何か違ったものが見えてくるかもしれません。

 

 結衣子